一五〇年の歴史

三寿園の名前呼び方は“さんじゅえん”と読みます。
名前の由来ですが、
三寿園は三つの重なった“えん”で出来ていると先代が言いまして、
1つ目は、三寿園の代々続いてきた家族の縁
2つ目は、地元のお客様と三寿園の縁、
3つ目は、お菓子でお客様からお客様を繋ぐ縁
この三つの”ごえん“が重なって150年余の菓子屋 さんじゅえん である。
との想いで名付けられました。

<自社にとって何万個中の1個でも、お客様にとっては一個中の1個それを大切に作り“ありがとう”の言葉を増やし続ける会社であります>

江戸時代末期・慶応元年に創業し、昭和24年7月に有限会社 三寿園となり、戦時中は砂糖を調達することが難しく営業はストップしたが、厨房設備が有ったため、配給所として一時形を変えたが、戦後は町の菓子屋として形を戻した三代目 稲垣廣善と四代目 稲垣幸彦 現社長 五代目 稲垣 信彦 はその流れに修行時代学んだばーむくーへんを三寿園イメージ菓子として販売を開始、それを主軸とした店に 次期社長になる六代目 稲垣 宝謙 (就任予定)が洋菓子のスパイスと豊明に無い新しい菓子屋として再出発を2017年9月に大幅なリニューアルを経て現在150年以上続く菓子屋になっております。

三寿園へ行こう

営業時間
9:00~19:00
定休日
火曜日
住所
〒470-1141 愛知県豊明市阿野町西ノ海戸34
電話番号
0562-92-0737